コンテンツまでスキップ

私たちエストは、戦略人事のプロフェッショナルです。

EST(エスト)の意味

EST-E-1

Essenceの頭文字をとったもので、物事の本質を捉えるという意味です。

EST-S-1

Sensitivityの頭文字をとったもので、人の感性(気持ち、感情など)を大切にするという意味です。

EST-T-1

Trustの頭文字をとったもので、当社と顧客企業、または、経営者、あるいは顧客企業の社員同士の長期的な信頼関係を大事にするという意味です。

エストの人事評価制度コンサル

全従業員の納得度が90%以上で、会社の成長に繋がる人事評価制度を作りませんか?

動画が選択されていません

サイドバーで動画のタイプを選択します。

顧客サービス

私たちエストは、人的資本経営の観点から、戦略を実現する組織変革と経営人材育成を通じ、クライアントの収益向上を支援します。.

組織変革コンサルティング

組織変革コンサルティング

戦略を実現するための組織人事の仕組みづくりを行います。

社員同士の繋がりやモチベーションをサポートし、人と組織の潜在力を強化する方向で、組織とその運営の仕組みを造ることが必要です。そうすれば、組織は自律的に動きだします。

人・組織の潜在力を引き出す研修・ワークショップ

人・組織の潜在力を引き出す研修・ワークショップ

社員同士の信頼関係とモチベーションを高め、組織が本来持っている力を引き出します。

組織は、人の集まりであり、人と人とのつながりです。そこで働く人たちが仕事にやりがいをもち、協力しあって初めて他社にない価値を生み出すことができます。

戦略課題のコーチング

戦略課題のコーチング

収益の飛躍的向上を目指して、儲かる仕組みの見直しを支援します。事業計画策定から資金調達まで一貫してお手伝いします。

昨今の激しい環境変化に対応するには、儲かる仕組みを適宜見直す必要があります。私たちは、事業戦略やそれを実行するしくみを構築するためのコーチングを行います。

「株式会社エストは、学術的に検証された組織開発の理論、先端的な経営ノウハウおよびベストプラクティスを用いて、顧客企業様の経営課題を解決し、その進化を支援します」

EST-takahashi
髙橋 宏誠 <株式会社エスト代表取締役/MBA/Ph.D.(東京工業大学)>

お知らせ

2023.09.01
月刊人事マネジメント2023年9月号 次世代経営幹部育成研修の設計 第6回 次世代経営幹部育成研修のポイント

2023.08.01
月刊人事マネジメント2023年8月号 次世代経営幹部育成研修の設計 第5回 次世代経営幹部育成研修のポイント

2023.07.01
月刊人事マネジメント2023年7月号 次世代経営幹部育成研修の設計 第4回 次世代経営幹部育成研修のポイント

2023.06.01
月刊人事マネジメント2023年6月号 次世代経営幹部育成研修の設計 第3回 次世代経営幹部育成研修のポイント

2023.05.01
月刊人事マネジメント2023年5月号 次世代経営幹部育成対象者の選抜 第2回 次世代経営幹部育成研修のポイント

2023.04.01
月刊人事マネジメント2023年4月号 次世代経営幹部の育成戦略と研修の全体像 第1回 次世代経営幹部育成研修のポイント

2023.03.01
月刊人事マネジメント2023年3月号 特集HRガイド 「経営後継者育成制度の設計と運用」

2022.06.01
月刊人事マネジメント2022年6月号 DX人材の採用・発掘・育成 第6回 DX人材のコンピテンシー開発

2022.05.01
月刊人事マネジメント2022年5月号 DX人材の採用・発掘・育成 第5回 DX人材のコンピテンシー

2022.05.01
月刊人事マネジメント2022年5月号 HRガイド 「人事制度を戦略に連動させるポイント」

2022.04.01
月刊人事マネジメント2022年4月号 DX人材の採用・発掘・育成 第4回 DX人材の採用発掘事例

2022.03.01
月刊人事マネジメント2022年3月号 DX人材の採用・発掘・育成 第3回 DX人材の資質の見極めツール

2022.02.01
月刊人事マネジメント2022年2月号 DX人材の採用・発掘・育成 第2回 DX人材の採用・発掘のポイント

2022.01.01
月刊人事マネジメント2022年1月号 DX人材の採用・発掘・育成 第1回 DX推進にあたっての組織人材

2021.11.01
月刊人事マネジメント2021年11月号 HRガイド 「キャリア自律型人事の設計」

2021.09.01
月刊人事マネジメント2021年9月号 HRガイド 「ジョブ型評価への移行」

2021.08.01
月刊人事マネジメント2021年8月号 HR SHORT MESSAGE 「評価は楽しく進めてこそ」